ダイエットとカロリーの消費量



カロリーをどのくらい使っているかは、ダイエットでは重要な命題になります。
人の身体は、寝ているだけでも毎時間50kcalずつのエネルギーが使われているといいます。人間は寝ている間でも基礎代謝として一定のカロリーを消費していますが、積極的に運動することで、どんどん余分な脂肪を燃焼させ、ダイエット効果を高めることができます。
ダイエットをしている時は、食べ物からの摂取カロリーを減らすだけでなく、運動によるカロリー消費量を高めることも大事です。ゆっくり散歩をするだけでも1時間で約150キロカロリーを消費することができるのです。また、景色を楽しみながらのローペースのサイクリングでも、1時間の運動で200kcalを消費することができるとされています。
新陳代謝が盛んな体質かどうかも、カロリー消費量に密接に関わっています。
新陳代謝が活発な人とそうでない人は、同じ運動をした場合でもカロリー消費量が全く違います。7000kcalを消費することで、1sぶんの脂肪を燃焼させるだけのダイエット効果が得られます。
体格のいい人のほうが、代謝としてのエネルギーを燃焼しやすい傾向があるそうです。
一般的に男性は女性より、エネルギーを消費しやすく、年配の人より若い人の方が、新陳代謝は高い傾向があります。体重を1キロ減らそうとするだけでも、体への負荷は相当なものです。強引なダイエットをした結果、リバウンドを起こしたり健康を損ねたりということが起きえます。1カ月に2s以上のペースでダイエットをしていると、体に良くない効果が現れるとされているようです。
適度な運動をすることで新陳代謝を活発に!脂肪を燃焼しやすくなりますですが、適正値を超えないように心がけることもポイントです。







なんだかんだ言って、適度な運動が大切なんだな。